家族 内緒 任意整理

秘密厳守!!最短即日対応!! 家族に知られず任意整理したいなら
≪ 無料メール相談24時間受付中!≫
◆ おすすめ事務所紹介 ◆
相談無料!着手金なし!減額報酬なしの低価格! 司法書士サナ総合法務事務所
相談無料!初期費用完全ゼロ円! 頼れる司法書士! 新大阪法務司法書士事務所
初期費用なし!365日年中無休で対応!取立て即日ストップ! 樋口総合法律事務所
※当サイトでは、本当に信頼できるところだけしかご紹介しておりません。心配なく安心してお願いできます。

任意整理は家族に内緒でできる?

あなたは、もしかしたら任意整理をしたいけれど、任意整理をすることで
「家族に知られてしまうのではないか…」と心配で踏み切ることができないでいるのではないでしょうか。

基本的に任意整理は家族に内緒で行うことができます
任意整理をしたからといって、貸金業者等債権者や裁判所から家族に直接連絡がいくことはありません。

また、任意整理を専門家に依頼した時に、「家族には絶対知られたくない!内緒にしてください」などのように
お願いし、依頼した専門家にそれを了承してもらえば、誰にも知られることなく任意整理をすることはできます。

さらに、専門家と面談をする場合、誰にも会わないような場所や日時を相談されるといいでしょう。
ただし、1度だけ会えば、あとは基本「メール・電話・郵送」などの方法で行うことができます。
※面談が義務化されるのは2011年4月以降の予定です。相談の際、事務所においてご確認ください。

その場合、メールや電話は必ず携帯にしてもらうとか、郵送なら郵便局の局留めなどを利用して、
自分でも家族に知られないよう注意を払ってください。

どうしても家に連絡をもらわないといけないような場合は、「○○司法書士事務所」ではなく、
別な会社名を名乗ってもらうとか、差出人を別の会社名にしてもらうなどお願いするといいでしょう。

通常の場合は、これで家族や身内、会社に知られることなく任意整理をすることができます。

任意整理を家族に内緒で行いたいと本当に思っているのなら、
まずはひとりで悩んでいないで専門家に相談してみることを強くおすすめします。

相談をする場合、家の近くや会社の近くは誰かに見られてしまうかも…と心配があるのなら
「秘密厳守、全国対応」の司法書士事務所にお願いするといいでしょう。
まずは24時間受付をしてくれる無料のメール相談をしてみてください。

秘密厳守!!最短即日対応!! 家族に知られず任意整理したいなら
≪ 無料メール相談24時間受付中!≫
◆ おすすめ事務所紹介 ◆
相談無料!着手金なし!減額報酬なしの低価格! 司法書士サナ総合法務事務所
相談無料!初期費用完全ゼロ円! 頼れる司法書士! 新大阪法務司法書士事務所
初期費用なし!365日年中無休で対応!取立て即日ストップ! 樋口総合法律事務所
※当サイトでは、本当に信頼できるところだけしかご紹介しておりません。心配なく安心してお願いできます。

消費者金融の返済が苦しい・・・いつまでこんな状態が続くの・・・

あなたが、もう何年も返済しているのに、なかなか借金が終わらない・・・
ちょっと待ってください!あなたの借金は本当にまだ残っているのでしょうか?

秘密厳守!!最短即日対応!! 家族に知られず任意整理したいなら
≪ 無料メール相談24時間受付中!≫
◆ おすすめ事務所紹介 ◆
相談無料!着手金なし!減額報酬なしの低価格! 司法書士サナ総合法務事務所
相談無料!初期費用完全ゼロ円! 頼れる司法書士! 新大阪法務司法書士事務所
初期費用なし!365日年中無休で対応!取立て即日ストップ! 樋口総合法律事務所
※当サイトでは、本当に信頼できるところだけしかご紹介しておりません。心配なく安心してお願いできます。

専門家(弁護士・司法書士)への報酬は高いのでは?

実際に、任意整理等をしてもらった場合は、それに対応するそれなりの報酬を当然支払わなくてはなりません。
報酬は仕事の対価ですから、支払うのはしかたがないことですよね。

でも、相談は無料で対応してくれるところもありますので、とりあえず相談だけでもしてみるのもいいですね。

しかし、実際に任意整理を依頼しようと思っている時点で資金的に余裕がないという方が多いと思います。
やっぱり、できるだけ費用は安い方がいいですよね。

そこで、債務整理を請け負ってくれる弁護士事務所や司法書士事務所の
ホームページを閲覧してみると、費用は結構まちまちでした。

ただ、全体的に弁護士事務所は横並びでちょっと高めでした。
これは、弁護士会のガイドラインにより、それがもとで決まっているためだと思われます。

では、司法書士事務所はというと…
全体的に司法書士事務所は弁護士事務所より安いといった感じでした。
一般的にも、弁護士よりも費用が安く敷居が低いとされています。

ただ、司法書士事務所が弁護士事務所より安いのには理由があり、
司法書士事務所が扱える債務金額には上限があるからなのです。

司法書士事務所が代行できる債務整理の金額は140万円以下です。
ただし1社当たり140万円以下なので、
数社合計で140万円を超えていても司法書士事務所に依頼する事ができます。
140万円以下の金額でしたら、裁判所で代理をしてもらう事もできます。

ですので、ほとんどの場合は司法書士事務所でも大丈家族なんですね。

でも、司法書士は弁護士に比べるとイメージ的に格が落ちる感じがするかもしれませんが、
実際は能力的にも変わりなく、司法書士は『街の法律家』といった身近な存在なのです。

費用の支払いに関しても、あなたの経済状況に合わせて、分割払いを提案してくれるところもありますので、
最初に相談する際に遠慮なくそのあたりも相談するとよいでしょう。

もし、あなたがどうしても借金を減らしたい!
家族に内緒で任意整理を行いたいと思っているなら、下記司法書士事務所をお薦めします。
対応も万全で、女性の方も安心して相談することができます。

また、お薦めしている司法書士事務所は、費用を安く設定してくれていますのでご安心ください。
あなたの状況に合わせて選択されるといいでしょう。

秘密厳守!!最短即日対応!! 家族に知られず任意整理したいなら
≪ 無料メール相談24時間受付中!≫
◆ おすすめ事務所紹介 ◆
相談無料!着手金なし!減額報酬なしの低価格! 司法書士サナ総合法務事務所
相談無料!初期費用完全ゼロ円! 頼れる司法書士! 新大阪法務司法書士事務所
初期費用なし!365日年中無休で対応!取立て即日ストップ! 樋口総合法律事務所
※当サイトでは、本当に信頼できるところだけしかご紹介しておりません。心配なく安心してお願いできます。

任意整理 Q&A

●任意整理とはどういうことですか?
任意整理とは、裁判所を通さずに貸金業者等の債権者と交渉をして、借入の元金や利息等を減額し、
借金を整理する手続き
のことです。
貸金業者は債務者本人が任意整理の交渉をしようとしても応じてくれないのがほとんどですし、
貸金業者は相当に厳しい交渉相手となりますから、できれば弁護士・司法書士に依頼するのがベストです。

●返済が滞っています。このような場合でも任意整理はできますか?
返済が滞っていても任意整理はできます。任意整理を依頼すると、貸金業者が督促をすることは貸金業法により
禁止されていますので、滞納しているものも含めてお支払いを止めてもらえます。
逆に、そのまま滞納し放置して置くと、給料の差押えをされる可能性もありますので、
早めに弁護士・司法書士に相談した方がいいでしょう。

●取り立ては止まりますか?
取り立ては止まります。任意整理を依頼すると、それ以降貸金業者等が直接依頼者に取立てを行う行為は、
法律で禁じられています。最短で依頼した当日から取立ては止まります。

●借入れを家族に内緒でしているのですが任意整理も家族に内緒でできますか?
任意整理は裁判所を通さないで行える手続きです。
貸金業者、司法書士、弁護士、裁判所などから通知などが自宅に届くことはありません。

●裁判所に行かなくてはいけないのですか?
任意整理は、司法書士が直接貸金業者等と和解交渉しますので裁判所に行く必要はありません。

●遠方に住んでいますが事務所に行かないと任意整理できませんか?
任意整理を依頼した場合、弁護士や司法書士の方と最低1度はお会いすることになるかもしれません。※
しかし、あくまでも最低1度は会わなければいけないということであって、必ず事務所まで出向かなければいけないというわけではありません。また、会う時期も依頼した後で日時を調整して会うことも可能です。
事務所によっては家の近くまで出向いてくれるところもありますので、依頼される際に相談されるといいでしょう。
ただし、任意整理を依頼する前の相談はメールや電話でできます
※2011年4月から弁護士会では任意整理を受託した場合、最低1度は面談を行うことが義務付けられることがほぼ確定的になっています。そうなった場合、司法書士会でも同じ方向性になると思われます。

●先に手続き費用を支払わないと受けてもらえないのでしょうか?
いいえ、着手金(初期費用)を支払わないでも依頼することもできます
また、その後の費用に関しても分割などの相談にものってもらえますので、安心して依頼することができます。

●すべての借入れを任意整理しないといけないのでしょうか?
いいえ、任意整理の場合、借入れしている相手を選ぶことができます
例えば、住宅ローンや自動車ローン等は任意整理の対象からはずし、高利のキャッシングのみを対象とすることができます。

●保証人を立てているのですが、保証人への影響はありますか?
保証人が付いている場合、保証人に請求が行きますので、あらかじめ説明しておく必要があります。
場合よれば連帯保証人の方と同時に任意整理する必要があるかもしれません。
ただし、保証人付きの借入金だけ対象にはずすことも可能です。

●任意整理をするとブラックリストにのりますか?
信用情報機関に任意整理や和解した情報が記載され5年〜7年の間は新たなキャッシングを受けにくくなります。
ただし、任意整理として相談しても、結果として過払い請求をするケースになれば通知はされません。

●2010年6月完全施行される貸金業法の改正でどうなりますか?
総量規制で月収の1/3(又は年収の1/36)を超える借入れができなくなりますので
既にオーバーされている方は新たな借入れができなくなります
また、50万以上の借入れをする場合収入証明の提示が義務付けられます。

秘密厳守!!最短即日対応!! 家族に知られず任意整理したいなら
≪ 無料メール相談24時間受付中!≫
◆ おすすめ事務所紹介 ◆
相談無料!着手金なし!減額報酬なしの低価格! 司法書士サナ総合法務事務所
相談無料!初期費用完全ゼロ円! 頼れる司法書士! 新大阪法務司法書士事務所
初期費用なし!365日年中無休で対応!取立て即日ストップ! 樋口総合法律事務所
※当サイトでは、本当に信頼できるところだけしかご紹介しておりません。心配なく安心してお願いできます。

「家族に内緒で任意整理できる?」メニュー


「家族に内緒で任意整理できる?」リンク集

レンタルサーバー